債務整理(任意整理/個人再生/特定調停)とは、借金生活に悩んでいる方を救済する法的手段で、借金を一度見直しして通常の生活を取り戻すための制度です。

借金の残額を法的に強制整理をするため、債務整理を行うと金融事故扱いとなり『ブラックリスト』へ登録されてしまいます。 一般的に債務整理を行うと、5年間はローンを組んだり出来なくなると言われています。

債務整理を行ったり、支払い延滞を起こした過去を持つ方の中には、新規ローンの申請を躊躇している人も多いのではないでしょうか?

ブラックに登録されている状態で融資審査を受けると、受かる確率は大変低いのです。
『クレジットカードの融資審査に落ちた』という不本意な実績が、信用度をさらに落とすことになりかねません。

まずは自分の信用情報がどのように管理されているのか、融資審査を受ける前に調べて不安を取り除くことをオススメします。

HOME
ページ上へ